がんを考える③~妻の手術

medical_syujutsu_denkimesu妻の手術
妻は手術の前日に入院し、翌日の手術時間が最終確定すると、スマホのLINEで連絡してきました。院内は許可スペースを除いて電話は禁止となっていますが、メールは許されています。見ると、手術は08:45からで、立ち合いの家族は08:30までに病棟に来て一緒に手術室まで行くのだといいます。

病院まで少し遠いので、手術は午後がいいなと勝手に思っていたのでちょっと戸惑いましたが、大勢の患者を毎日手術している大病院だからさもありなんと、甘んじて受けざるを得ません。時間がどうのこうのと言っている場合ではなく、希望の病院に入れたことを感謝しなければいけません。

ワンちゃんの朝の散歩時間を早めて7時には家を出ないと間に合わないということで、前日は早めに就寝しました。ところが、夜中の1時半に目が覚めてしまい、それから寝つけません。結局朝までまんじりともせず本を読んで過ごすことになりました。定年退職後、これほど緊張した朝を迎えるのは初めてのことでした。

手術当日の朝、病室に行くと、これから手術を受ける妻本人は割と冷静なので少しほっとしました。妻は、朝、手術の内容の説明を受けたことを私に伝えます。友人のおかげで、いい先生に執刀してもらうようになったのだから安心して頑張ろうと、言葉をかける。手術が始まって約4時間後に、渡されたPHSに連絡が入ったら、説明室に行く予定だ。

手術中、ロビーで待機していると、ほぼ時間通りに先生から電話があり説明室に出向きました。すでに先生が待っていてくれて、摘出した腎臓を見ながら部分切除ではなく全部摘出する必要があった理由の説明がありました。取り出した臓器の一部を目の前に見せられて異様な気持ちになりながらも、腫瘍の部分がはっきりと見てとれ、先生の態度が自信に満ち溢れていたので手術はうまくいったと確信しました。

術後の処置があるのでもう少し時間がかかると言われて待つ間に、半休を取った娘が心配そうな顔で会社から駆けつけました。もう2時を過ぎていますが、妻の顔を見るまでは二人とも食事をする気にはなれません。妻は暫くしてようやく病床に戻ってきましたが、まだ麻酔が効いていて眠っています。いつも元気でいたのでこんな姿を見るのは結婚して以来初めてのことです。

目が覚めたら連絡するので病室の外で待つようにと看護師さんから言われました。暫くして呼ばれてやっと本人と会うことができました。よく頑張ったねと声をかけると、か細い声で、腹部に痛みがあるのと水が飲めないのが辛いと言います。不満を言えるのは元気な証拠だと思ってひと安心しました。安心すると急に空腹を覚えたので娘と食事に行くことにしました。

先生にお礼をいい、娘ですと紹介すると、「大変ですね、今度はおとうさんに選手交代ですね」と言って笑いました。先生も、2週間の間に夫婦揃って連続でがんの手術なんて珍しいと言いながら、そのことを冗談めかして娘に言ってくれているのを聞いて、言葉の裏に手術への自信を感じて頼もしく思え、この先生なら自分も安心だと少しほっとしました。

病院に初めて出向き主治医と面談したときは、とにかく初めてでもあり緊張しました。その後何回か面談していたので、次に、私自身が診察してもらうときには、なんだか知りあいのような感じで話しができ、冗談も言えたのでした。よく、医者と患者の相性がいいとか悪いとかいうことがあります。相性がいい医師が必ずしも名医とは限りませんが、常に不安と闘っている患者にとって医師との信頼関係は大事だと思いました。

八咫烏

 72 total views,  2 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)