花と神話~ノコギリソウ

トロイア戦争たけなわのイ―リオス城近くの戦場では、朝から激しい戦いが繰り広げられていました。いつ終わるとも知れない戦いで多くの死者や怪我人が出ていましたが、敵味方を問わずその名を讃えられていたギリシャの名将アキレウスのその日の戦いぶりは特に目覚ましいものがありました。アキレスウスは鍛冶の神ヘーパイストスが鍛えた鎧を身に着けやはりヘーパイストスが作った投げ槍を手に持って闘っていました。

その日、「今日はトロイアの兵隊100人を討ち取るぞ。」と神に誓っていました。そして日没までに99人の敵を討ち取りました。100人目の敵に出会った時、その人物は装いからみても戦いぶりからみても有名な武将に違いないと思いました。両者とも力の限り闘い、ついにアキレウスが勝利を収めました。

敵将の兜をとったアキレウスは驚きました・・・。

続きはこちら→

 23 total views,  2 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です