城を学ぶ⑥~伊東潤の「城歩きの勧め」

ラジオ番組(2017年4月NHK)で、これまで800回以上に亘って城を訪れているという作家の伊東潤が「城歩きの勧め」をしていたものをYoutueで見つけた。

少し、専門的になる部分もあるが、実際にお城に足を運んでいる人にとっては、興味深い内容になっている。また、山城に行く場合の注意点なども語られているので参考になる。

 215 total views,  1 views today

0

城を学ぶ⑥~伊東潤の「城歩きの勧め」” に対して2件のコメントがあります。

  1. アバター まるき より:

    お城探求にはまったのでしょうか。面白そうですね。先だっての、石垣の話も興味深かったです。積み方の区分、しっかり読んだのに、今この瞬間、呼び方を思い出せない。記憶力も衰えました。
    なかなかコメントを書けませんが、辻本先生の文章を楽しみに読んでおります。春夫の実家の歴史を知ることができ、感興を覚えます。漢学者(御典医?)の湯川家のことを読むことができたのも収穫でした。この人の確か息子さん(教師)が、私の従兄たちのおじいさん(婿養子に来た人)。私が物心ついた頃には、既に亡くなっていましたが。
    10組の八木さんは、蝶のマニアなのですか。記事を探しましたが・・・。
    やたがらすさん、身体に響かない程度に頑張ってください。いつもありがとう。

    0
  2. yatagarasu yatagarasu より:

    まるきさん、コメントありがとうございます。
    城にはまった訳ではなく、最近、蓬莱小学校からの同級生・小渕伸二君が精力的に活動しているのを見て少し勉強して、何かお手伝いができないかと思った次第です。目標は、彼が作り、講演会で使用している「新宮城紹介のスライド」にナレーションをつけてビデオにすることです。講演会だけでは一度に数十人しか見ることができませんが、今流行りのYoutubeでビデオを公開すればより多くの人に見てもらえるからです。今ちょっと体調不良で遅れていますが、いずれ近いうちに制作に取り掛かる予定です。お楽しみにお待ちください。

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です