尾崎酒造「太平洋」が受賞

清酒「太平洋」がイタリアで受賞
和歌山県唯一の酒造メーカー尾崎酒造(新宮市船町)製造の清酒 本醸造「太平洋」 が、先月、イタリア・ミラノで開催された日本酒品評会[MI LANO SAKE CHALLENGE(ミラノ酒チャレン ジ) 2022」 (イタリア酒ソムリエ協会主催)の本醸造フー ドペアリング部門で「ベストフードペアリング」(トマトと モッツアレラのカプレーゼ)を受賞した。

尚、本醸造利き酒部門でも最高位に次ぐ「ダブル金員」となり、ワインの本場で「イ タリア料理に合う日本酒」として高い評価を受け、世界に通用する日本酒として証明した。

同品評会は、イタリア国内で日本酒に対する興味・関心が高まり、日本酒ベースのカクテルなどが広く提供されていることをうけ、同国での市場拡大や日本国内での販売促進・価値向上を目的に2019年に初開催されたもの。 過去2年はコロナ禍で開催中止となっていたが、今年第2回として、新たな部門も設けて開催された。

審査員は、利き酒テイスティング部門・フードペアリング部門 62人、デザイン部門 20人の合計82人。 イタリアのトップソムリエをはじめ、シェフ、バーテンダー、販売者などを中心に、イタリア在住で深く飲食に関わる人たちで構成。 全ての人が日本酒についての正しい知識を学んだ酒ソムリエの資格取得者で、レストラン、バー、販売などを通じ、 常に日本酒と関わり、日本酒に対して高い興味関心を持っている人たちである。

尾崎征朗社長は「熊野の片田舎の地酒が、国際的なイタリア・ミラノの方々に認めていただいたことがうれしい。太平洋は和食に合うとい いたが、洋風の料理にも合うという証明になるので大変ありがたい」と胸を張った。

本醸造「太平洋」は同社の代表銘柄。熊野川の伏流水を使うなど、地元産原材料にこだわり醸造。燗酒・冷酒のいずれでもコクがあり切れの良いのが特徴で、これまで「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」 など他の賞も受賞している。

まだ飲んだことのない方は、是非一度、世界に誇れる熊野の酒をご賞味あれ!

ヤタガラス

 128 total views,  17 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)