スマホ体験記12~便利なアプリ「Google レンズ」

先日、虫、動物、鳥、魚などいきものをカメラで撮影してその名前などを検索できるアプリ「Biome」を紹介しましたが、よく似た機能を持つもう一つのアプリを紹介します。

(次のような説明があったので引用します。)カメラや写真を使って目の前にあるものを検索したり、作業を効率化したり、周囲のものについて調べたりすることが出来るとても便利なアプリ「Google レンズ」。

Google レンズ」は、テキストをスキャンして翻訳出来るなど多機能なアプリですが、中でも面白いし有難いと思うのが、「植物や動物の種類を特定する」ことができることです。Androidには元から入っていますし、iPhoneでもApp Storeでインストールして利用できます。

街で見かけた木々や花の名前を調べることができます。「花だより」が始まったばかりですが、知っている花は勿論ですが、名前を知らないときは写真を撮って調べることができます。どうぞ試してみてください。

丁度、「ハイム花の図鑑」をスタートしたばかりです、実は、どちらのアプリも「花」を撮影してその花の名前を知ることができるのです。詳しい方ならその必要もないかもしれませんが、私などには重宝な武器になります。歩いていて名前を知らない(または不確かな)花を見つけると利用しています。結果はもちろん図鑑に登録します。

一度試してみてください。便利ですよ。
ヤタガラス

 

 92 total views,  1 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です