◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
熊エプ メ-ルマガジン
KUMAGAZINE33号
2021-11-26(金)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
====MENU====
1.編集長の独り言
2.館長のつぶやき27
3.城を学ぶ25
4.森本剛史君との思い出9
5.我がらの新宮弁講座26
6.編集後記.
==========
https://kumano-express.com/kumagazine-33/
==========
1.編集長の独り言
==========
熊エプのメルマガ KUMAGAZINE第33号(2021-1126)をお届けします。

ウェブサイト熊野エクスプレスは、このところ体調や仕事の都合で以前ほど時間を割くことが難しくなり、日々の更新が遅れがちになっていますことをお詫びします。

今後は、みなさんにまた喜んでいただけるように、奮起して頑張りたいと思っておりますので宜しくお願い致します。

==========
2.館長のつぶやき27
==========
【佐藤春夫の少年時代(27)】
春夫入学の頃の新宮中学校―「熊野大学」といわれた

ようやく、春夫の新宮中学時代の記述に辿り着いた感です。新宮中学は開校してまだ間もない頃です。和歌山県立新宮中学校(現新宮高校)が第2中学校分校(田辺)として開校したのは、1901(明治34)年4月27日、2日後授業が開始されていますが、この日はのちの昭和天皇の誕生の日にあたり、国民的祝いのなかで出発を遂げたのです。

司馬遼太郎の「街道を行く」シリーズの「古座街道」によれば、古座川筋のひとびとにとって、新宮中学校はまさに「熊野大学」とよばれるほどの、天上の場所のように感じられたと言うことです。

続きはこちら↓
https://kumano-express.com/tsujimoto/tsubuyaki/kancho-haruo27/

==========
3.城を学ぶ25
==========
【城の歴史】
戦乱の世を描いたテレビドラマや小説には必ず「城」を攻める側と、守る側が戦う姿が描かれる。城はいったいいつごろに生まれたものなのだろう。今回はその歴史に迫ってみたい。

始まりは古く弥生時代に遡ると言われている。狩猟から農耕へと時代が変化するようになり定住するようになった人々は、他の集落との争いから領地を守る必要性が出てきた。

堀を作り、土塁を巡らし、杭などで柵を立てるこの時代の環濠集落が城の起源といわれ、大規模な環状集落を造り上げた佐賀県の吉野ケ里遺跡(写真)にそれが見られる。

続きはこちら↓
https://kumano-express.com/shingu-jo/history/

==========
4.森本剛史君との思い出9
==========
【シンガポール2・炒飯編】
剛やんと久しぶりにシンガポールで再会して以降も、家内の弟家族や長女の幼稚園のときの先生など様々な友人たちが来星してくれました。国内にいてもなかなか会えない人たちにも、外国にいるからこそ会えるということもあったと思います。

ある日、剛やんから、待望の一冊が届きました。彼がシンガポールで取材し、私がわずかながらも協力したあの一冊「海外食べあるき・ショッピング シンガポール」(1988年10月初版発行・昭文社)でした。

見ると、あの「幻の炒飯」は、どの高級レンストランよりも、どの一流ホテルよりも大きく、見開き2ページに亘って紹介されていました。やるな!剛やん。やっぱり感性は一緒やった!うれしかった!おまけに、あいつ、協力者として、私の名前まで巻末に紹介してくれていました。

続きはこちら↓
https://kumano-express.com/nishi-toshi/goh-omoide/morimoto-chahan/

==========
5.我がらの新宮弁講座26
==========
【熊野古道ひとり旅 3】
本宮大社、速玉大社を参拝したひとり旅の女は、熊野三山のもうひとつの聖地、熊野那智大社を目指します。浮島の森を見て王子が浜から高野坂へ向かえば、眼前には雄大な太平洋・熊野灘が見渡せます。

女 「なんて広い海なんでしょ。山の熊野も、海の熊野も確かに何かが違うワ。私も蘇らなくちゃ・・・」
佐野王子を経て那智の浜を望めば、一艘の木造船が今しも沖に向かっているではありませんか。数百年の時を経て再びこの世に現れた、補陀洛渡海船です。
女 「ま、何という厳しい修行ですこと。南無阿弥陀仏、ナムアミダブツ・・・」

大門坂に辿り着きました。
那智の女 「あ、旅のお方。よかったらこれをどうぞ。私、今朝、これを作ってん」・・・

続きはこちら↓
https://kumano-express.com/shinguben-koza/shinguben-kumanokodo3/

==========
6.編集後記
==========
読者の皆さん、お元気でしょうか。私は、この数年間、旧新宮ネットそしてそれを継承した熊野エクスプレスで、さまざまな情報を発信して参りました。

ただ、少し根を詰め過ぎたきらいがありまして、椎間板ヘルニア、頸椎ヘルニアなどを発症し、それによる手足の痺れなどが活動の邪魔をしております。

好きなPCを使えないことは私にとって苦痛でして、何とか続けたいと思い工夫をしています。どうしても前かがみになる姿勢がストレートネックなどの症状を引き起こす原因となるようです。

ただ、幸いにもここにきて症状が少し改善しており、KUMAGAZINEの発行もできておりますのでご心配なく。

この姿勢の問題はPCだけでなくスマホでも同じことが言えますので、みなさんもどうぞ充分にご注意ください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
発行元:熊野エクスプレス事務局
発行責任者:”八咫烏”こと西 敏
yatagarasu@kumano-express.com
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ウェブサイト:熊野エクスプレス
https://kumano-express.com/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
LINEでの受信をご希望の方は
熊エプトップページで登録を!

 26 total views,  4 views today