◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
熊エプ メ-ルマガジン
KUMAGAZINE 24号
2021-07-09
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
====MENU====
1.編集長の独り言
2.館長のつぶやき18
3.城を学ぶ16
4.森本剛史の世界紀行17
5.我がらの新宮弁講座17
6.編集後記.
==========
https://kumano-express.com/kumagazine-24/

==========
1.編集長の独り言
==========
筆者もようやく新型コロナワクチン接種を受けました。6月中旬に1回目、2回目は7月初旬でした。

1回目の予約時間に徒歩4、5分のクリニックに行くと、既に数名の先客がいました。待っていると3番目に名前を呼ばれ処置室に入り、看護師さんから再度本人確認と説明がありました。

左右どちらにするかと聞かれたので利き腕ではない左にしてもらいました。注射はあっという間に終わり、後は副反応の可能性があるので15分間待合室で待機となりました。

2回目の予約を取って帰宅。電車で出かけることもなく近所のクリニックで受けられて楽でした。当日の夜、腕が少し腫れて痛みが出ましたが発熱もなく副反応は軽微で終わり一安心でした。

==========
2.館長のつぶやき18
==========
【「佐藤春夫の少年時代」(18)】

・母方の系譜と春夫の「初めての旅」(2)
政代の兄、竹田家の当主竹田槌五郎は、明治31年7月3日和歌山市南牛町の自宅で亡くなっています。進行性筋萎縮症を患い、死因は沈墜性肝炎でした(死亡診断書より)。安政4年3月22日の生まれで、享年41歳でした。

続きはこちら↓
https://kumano-express.com/culture-history-walk/sato-haruo/kancho-haruo-18/

==========
3.城を学ぶ16
==========
【新宮城跡散策マップ⑧】

石垣の刻印のマップはこちら↓
https://kumano-express.com/shingu-jo/map-8/

==========
4.森本剛史の世界紀行17
==========
【東北不思議巡り~想像力を道連れに、北に向かう】

東北地方では、初めての土地を訪れても「懐かしい」という印象を持つから不思議である。僕のDNAのなかに遠く縄文の記憶がインプットされているのだろうか。青森のねぶた祭りのあの熱狂、火焔土器などに象徴される雄渾な魂を目の前にすると気持が高ぶってくる。

そして興味があるのは伝説の多いことだ。義経北行伝説、ザシキワラシ伝説などのほかに、「国際的」な広がりのある伝説もある。歴史には正史と称される光の部分とその裏側に潜む影の部分とがあり、影の部分は信頼できる資料が残っていないとか、単なる伝説に過ぎないとかの理由で葬りさられているが、それらがすべて風聞の類とは言いきれないだろう。東北にはこの影の部分が多いのである。清濁合わせ飲むというか、すべてを全部包括してしまうパワーが東北にはあるのだ。

続きはこちら↓
https://kumano-express.com/morimoto-takeshi/morimoto-sanaimaruyaman/

==========
5.我がらの新宮弁講座17
==========
【仰天熊野語!!】
【おっさん】
「おっさん」といえば、ほとんどの日本人は「オジさん」の意味と思うことでしょう。しかし、ここ熊野では「おっさん」といえば、ありがたい「和尚さん」のことなのです(静岡、鳥取でもいう)。「クソおやじ」などと言っては、バチがあたりますゾ!

「明日、3年忌やさか、おっさん迎えに行ってこいよ」 とか
「おっさん来な、式ゃ(葬式のこと)始まらんデ!」などと使います。

アクセントは、オヤジの「オッさん」が尻上がりなのに対して、和尚さんの「おっさん」は頭にアクセントがあり、尻下がりです。「デッサン」と同じです。このアクセントを間違えると大変。地獄へ落ちること請け合いです。

続きはこちら↓
https://kumano-express.com/shinguben-koza/shinguben-gyotenkumanogo/

==========
6.編集後記
==========
熊エプのメルマガ KUMAGAZINE第24号(2021-0709)をお届けします。

東京で4度目の緊急事態宣言が発表されました。期間は7月12日から8月22日まで。これで東京オリンピックは緊急事態宣言下での開催という異常な状況になりました。

世界の一部地域では今なお無残な殺戮が繰り返されている中で、地球上の全ての人々が集いてこの時だけは喜びを分かち合える唯一の祭典がこんな形になろうとは不運としか言いようが無いのでしょうか。

当局は何としてでも強行開催する気のようで止めようがありません。あとは、世界の国々から日本に対する批判が出ないように祈るしか無いのが残念でなりません。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
発行元:熊野エクスプレス事務局
発行責任者:”八咫烏”こと西 敏
yatagarasu@kumano-express.com
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ウェブサイト:熊野エクスプレス
https://kumano-express.com/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
LINEでの受信をご希望の方は
熊エプトップページで登録を!

 291 total views,  2 views today