花粉症を治せる米ができる!?

kafunsho1新聞記事によれば、11月から、スギ花粉の成分を含んだ特殊な米を食べて、花粉症の治療につなげる臨床研究を始めるとのこと。大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター(大阪市羽曳野市)などが今月から研究を始め、うまくいけば、将来、米を食べるだけで花粉症を根治できる可能性もあるという。

スギ花粉による花粉症は、日本人の約4人に1人と推計されており、現在、治療法として、原因物質を少量だけ口に含んだり、注射したりして症状を抑える方法があるが、3~5年かかかるといわれている。臨床研究では、原因物質の目印となる部分が米粒の中で作られるように遺伝子を組みかえた「花粉症緩和米」を使う。

米は、日本人に身近なうえに、胃で分解されずに腸まで届くたんぱく質を含んでいる。花粉症の人が毎日食べ、この目印が腸で吸収されるうちに、体内の免疫機能がこの目印に慣れて過剰に反応しなくなると考えられている。原因物質そのものは含まれていないので、強いアレルギー症状は出ないとされている。

日本に大量に輸入されているとうもろこしや大豆の遺伝子組み換え問題が大きく報道されたときは、意見が錯綜し物議を醸した。遺伝子組み換え作物を食べても、すぐに問題が出ることはないが、50年先、100年先にはどういう影響が出るかわからないと言われた。遺伝子組み換えという最先端の技術が、このように医療分野で活用されるという話になれば大変結構なことだと思う。

今回の研究では、花粉症の10人に約1年間、この米を毎日5グラムを普通の米に混ぜて食べてもらい、血液検査でスギ花粉に反応する抗体の量を見る。このほか、3グループ各15人に約半年間、この米と普通の米を計50グラム、割合を変えて食べてもらい、効き目を調べる。

研究チームの田中・大阪大教授は「悪さをする免疫細胞だけを増えないようにすることができ、花粉症の根本的な治療になる可能性がある」と話している。花粉症に悩ませれている人は多いので、是非、実現してもらいたいものだ。

八咫烏

 146 total views,  7 views today

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です