「いつの間にか」熱中症に注意! ③  滋賀支局 田中和子

引き続き、高塚淑子医師のお話です。 年齢によって発症する環境が異なります。🏝
若年男性のスポーツ、中壮年男性の労働、高齢者では男女とも日常生活の中で起こることが多く、高齢者は重症になることが多いため注意が必要です。

予防は熱の放散をしやすい環境、状態にすることです。涼しい服装、日陰の利用、外出時には日傘・帽子、水分・塩分補給などです。
室温28℃を目安にし、扇風機エアコンなどを使って、気流を作るようにしましょう。🏖

 106 total views,  4 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です