「いつの間にか」熱中症に注意! ①  滋賀支局 田中和子

医療生協こうせい駅前診療所医師 高塚淑子先生のお話です。

日本の夏は暑くなっています。30℃以上の時間はここ30年で2倍になり、今では朝から夜まで暑く、熱帯夜は30年前までは10日足らずでしたが、近年は平均40日、暑い年は50日以上にもなっています。🍻

人は深部体温 (=内臓の温度) を適温にするため、筋肉や肝臓で余剰な熱を作り出し、余分な熱を皮膚や肺から逃がしてバランスをとっています。
体温が上昇すると、血管が拡張したり発汗したりして、体温を低下させます。
これらの体温調節には「暑い」「寒い」 と意識の上で感じる仕組みとは別の、無意識のしくみがはたらいています。🍧

 145 total views,  1 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です