盛春謳歌から惜春嘆歌へ

跡の桜も、散り際の見事さを撮影したいのですが、葉桜がチラホラ見える中、時折吹く強い風に桜の枝が揺れ花びらが舞う様子が判りますかねえ?花びらを見つけられたら、視力がいい、感覚が鋭いのでしょう!でも、見つけたからといって懸賞品はありません!
★散りゆく桜を見るたびに、百人一首の小野小町の歌を思い浮かべてしまいます。
「花の色は移りにけりないたづらに我が身世にふるながめせし間に」
★季節は初夏へと移り変わっているのが、千枚田の写真で、空を見れば解かって貰えるかな・・・?
 黄砂で霞んだ空に入道雲のような、白い雲!もう、これは初夏ですよね!
八木規雄

 160 total views,  1 views today

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です