年末恒例行事・干支の引継ぎ

年末恒例行事、1956年通天閣完成以降継続していた「干支の引継ぎ式」が、コロナ感染拡大防止の為に初めて中止と決まった様です。コロナ感染急増で警戒を呼び掛ける為に、大阪では通天閣と万博公園の太陽の塔が夜間真っ赤にライトアップされています。

12月28日通天閣の展望フロアーで行われれる干支の引継ぎ式は、毎年ローカルニュース枠で紹介いたのが、こんな事にまでコロナの影響が出るとは驚きです。代わりに我が家のコレクション棚で引継ぎ式を再現してみました(暇つぶし)。

来年の干支の牛ですが

奥 →福島県会津若松の郷土玩具「赤べこ」
中 →インド産の聖なる「こぶ牛」
手前→スペイン「闘牛の牛」
因みに、去年の干支・金属製のネズミはシンガポールのスズ製品のお店でビールジョッキと一緒に購入したものです。
どうですか、気に入って貰えましたか。
皆さん、どうぞ良いお年をお迎えください。

大阪支局
山仲春男

 126 total views,  1 views today

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です