荻悦子詩集~「流体」

流体

なぜ馬なのか
それも白い
疾走する肢体が
薄明のなか
青ざめて見える

濡れた砂に
私が残した旋律
わたしの歌はやがて乾き
砂はうねって丘をつくった
だが
やさしい稜線
などと
なぜ感じるのか

大きく揺れあがる馬の背
背の上に身を低く伏せる娘の身体も
激しく上下する
長い髪が吹き上がって
額を打つ
たてがみが渦巻いて
視界いっぱいに広がる

疾走は青ざめたまま弾け
しぶきとなって散る
自在な流体
流れ続ける目であるわたしのなかに
彼らがどっと身を跳らせたのだ

荻悦子詩集「流体」より

 166 total views,  7 views today

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です