荻悦子詩集より~「インスタレーション」

インスタレーション

金属の棒で引っかいた跡 そのようなひび割れもすぐに
崩れる 砂だからと呟くのは アランまたはメイ 白く
乾いた 乾かない時は肌色の そう貴方がた東洋の人の
肌の色にちかい砂 では青みを帯びた黄土色ですかと
血色の良くないマヤが不機嫌に言う 不機嫌はお手のも
のだと私は思う どうせ青民を帯びた鬱陶しい顔色です
よ マヤも私も 砂丘は今日は乾いている 引っかいた
線は見えない もう液状の崩れとなって 人の顎の部分
が欠けている アランの子供が描いた線かも知れないと
私は言う アランの子供 そんなのいた? とマヤが聞
く あなたね 大抵の人は人の子の親 アランにも子供
はいるさと誰かが言う 言うばかり 訂正するばかりは
私がメイ いや そうではなかった 黙っていても 誰
かが喋る アランの子供 そうアランのとメイがしゃが
む 足 いや 棒で線を引いたパパの顔 顎が崩れ 歯
が出てくるの 今にね アランの子供の声をして 不定
形のものが動く ずんずん動く 水のように ゆっくり
と あるいは急にぐわっと来る ぐわっと目がね 睨ん
でるの ママのがね 頬の辺りを滑って来た砂の子が
丸い顔を砂の表面に現して立ち上がる 驚いてメイは膝
をつく 声をかける暇なく子供は消える 滑って行く
額の縁 耳の輪郭 溝から突起に 突起から平たい円
に 首の後ろの優しい窪み 貝殻骨 砂に描かれた線で
あった部分に粒状に盛り上がり 立ち上がり 手を口
に ごぼごぼと声を上げる こんなふうに滑っている
よ 砂のある浜辺ではいつも 身体があるって信じてい
るの? マヤは見つめる 私はあっと声を上げる 砂の
子はどこまでも潜っていく おあおあ ビヤン 聞き取
りにくい小さな声で 不定型の動きは誘う 崩れて見え
ない元の傷痕 パパの顔 ママの胸という痛い徴 アラ
ンが言う 乾いていない時はもっと素敵だ マヤにミナ
コ 僕たちがなくした砂の子の走りはね

荻悦子詩集「流体」より

 89 total views,  1 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です