荻悦子詩集より~「雨の午後のレッスン」

 雨の午後のレッスン

 

016180

青年の方に首を巡らせ
自分の胸の辺りから
滞った空気を掬いあげるような目つきをして
ピアニストが
曲の解釈を述べ立てている
その根拠のほとんどは
同じ主題を扱った画家の絵や
言葉で書かれた書物に負っている

群衆のざわめきが
やがて怒涛のような叫びとなったのです
過ぎ越しの祭りの日
どういう日でしたか
そう
罪人のうち一人だけを許してもいい日でした
イエスではなくバラバを
その群衆の声が
次第に大きくなって聞こえてこなければなりません

彼女は弾き始める
大きくうねり
細やかにきらめいた後
息をひそめ
玉を繋ぐ糸がほどけたように
水底へ沈んでいく音色
初老のピアニストは
存分に歌い上げ
恐ろしいほどロマンチックにバッハを弾く

ピアニストの背後に
大きく揺れる暗い塊がある
窓の外の
風と雨にあおられる葛である
秋の初め
広い葉の一枚一枚は
まだ柔らかな色をして軽やかに見えるが
それらがびっしりと重なり合うと
木の枝を覆い隠してしまう

表情の少ない青年は
蝋人形のように動かない
細いジーンズの足を揃え
額を光らせて
ピアニストの音を追っている
いま彼の感受性を支配しているのは
先に彼女によって説明された劇的な人間の情景
つまりは言葉ということになりはしないか

劇がなければならない
なかったかも知れないなどとは言わせない
自信に満ちたピアニスト
灰色の細い眼
丸顔を縁取って
ひとかたまりずつ
ふわっと立ち上がる短い巻き毛
太い首から
顔を前に倒し
その表情は梟を思い出させる

窓の外では
葛の葉と花が揺れ騒ぎ
その下で
絡めとられた細い木の幹も撓う
木の枝や葉は葛に覆われてしまって
外からはほとんど見えない
雨のなか
葛の蔓はまた伸びて
取りつく先が見えないまま
宙で揺れている

荻悦子詩集「流体」より

 108 total views,  1 views today

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です