荻悦子詩集より~「薔薇の谷」

薔薇の谷

 

ひそかに
父の椅子を外して
始まった秋
大きな実がはじけ
鳥が群がる

あらゆる方角で
歓声ばかりが大きく
熟れすぎてか
熟れないままでか
実はみずから
あらわに皮を剥ぐ

どこから取りつくにしても
やがて
寂しい芯
いつまでも
胃を刺す黒い種

垂れた犬の耳が
鳥たちの落ちる地点を予測し
切り石の縁が
光を刃のように尖らせる
その下に眠る人たち
震える葉むら

薔薇の谷

風の慰撫は素早い

荻悦子詩集「流体」より

 20 total views,  1 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です