森本剛史君との想い出1~小学校時代

468417私の親しい友人であった森本剛史君が2014年9月22日、闘病むなしく亡くなってもう6年が経ちました。生前、彼は、代官山蔦屋書店で、旅行コーナーのコンシェルジュとして多くのファンを集め、大人気を得ていました。書店勤務を始める前は、トラベルライターとして世界100ヶ国以上を巡り、数々の旅行情報を世に提供していました。

豊富な経験を生かして蔦屋書店のコンシェルジュとなった彼は、まさに水を得た魚のごとくで、毎日充実した日々を送っていた矢先のことで、私にとって大変大きなショックでした。小さいころから一緒に遊び、学び、その後お互い還暦を過ぎるまで60年近い年月を友として付き合ってきた彼は、私の一生に少なからざる影響をを及ぼした人物で思い出は尽きることはありません。

ふと、思い立って彼との思い出を少しばかり書いてみようということになりました。思い出すのは、「将来は古本屋のおやじになりたい」と彼がよく言っていたこと。君は、古本屋どころか大書店の一角を任されるという大任を果たしたのだから、今は、案外満足しているのかも知れないね。君のことを少し書くので見ていてほしいと思います。

①小学校時代

昭和30年4月、蓬莱小学校に入学、クラス分けが行われて私は1年5組(担任は榎本玲子先生)に入りましたが、同じ組に森本剛史君がいました。詳しいことは忘れましたが、何となくウマがあったのかまもなく親しくなりました。記憶が正しければ、たしか3年生までそのまま持ちあがりとなったので、放課後は彼と遊ぶことが増えていったように思います。

今から思うと、彼はとても明るくて人見知りをしない、そして人一倍好奇心の強い性格だったと思います。好奇心の強いところが似ていてお互いに引きあった要因だったかもしれません。今日は何をして遊ぼうか、つぎつぎと提案してくるのです。ある時は、ウクレレを弾き、ある時は本を読んだ影響で催眠術に興味を持って弟にかけてみたりと際限がありません。彼の影響で、私も後にウクレレをそしてギターへと興味が続いていきました。

次回は、蓬莱小学校閉校記念誌「ふじだな」に彼が投稿した文「ブラジルに渡った1年5組の級友」を原文のまま紹介したいと思います。

~つづく~

西  敏

 471 total views,  1 views today

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です