コッツウォルズ紀行㉒~アン・ハサウェイの生家

anneストラットフォードの郊外ショッテリーの村にシェークスピアの妻となったアン・ハサウエイが1582年に結婚するまで住んでいた家(生家)がある。シェークスピアは交際中も結婚後もストラットフォードからこの家にしばしば足を運んでいたようだ。

農夫であったアンの父が1581年に逝去した後も19世紀に至るまで、この家にはハサウエイ家の子供達が住み続けた。この家の家具の年代は16世紀から19世紀にわたっていてハサウエイ家がかつて所有していた種々のものが含まれており、居間、食料貯蔵室、冷蔵室、台所、屋根裏部屋等それぞれの部屋や調度品などにそれぞれの時代の趣が会って面白い。

コテージの向かい側からスタートする短い散歩道、ジュビリーウオークやショッテリーブルックウオークを歩いてみるとショッテリー川沿いの美しい田園風景を楽しむことが出来る。シェークスピアの研究者の中には、「ハムレット」のオフィーリアの溺死場面や「お気に召すまま」の森の場面の描写にはこの地域に関するシェークスピアの知識が役立っているという人もいる。

 288 total views,  1 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です