コッツウォルズ紀行㊲インターネット

1999年に、自ら企画、実行したイギリス自由旅行記「コッツウォルズの歩き方」を掲載しましたが、実はこの旅行についてのいくつかのエピソードや感想があります。随分と昔の話で恐縮ですが、書きためたものをいくつか紹介しています。
————————
今回のコッツウオルズの旅は、初めてパックツアーの向こうを張って、スケジュールの企画からチケット、ホテル、レンタカーなど一切の手配を自分でやり、実践した旅であった。今まで旅行社におんぶに抱っこで任せていたことをすべて自分でやるわけだから、相当の労力と時間が必要と思われる人がいるかも知れない。しかし、実際には思ったより簡単でしかも短期間の間に出来たのである。

その理由の一番に挙げられるのは、やはりインターネットを利用したことである。まず、格安チケットを得ることが出来たのはインターネットによる情報であったし、ホテルやB&Bの予約はインターネットで行った。レンタカーは初めてだったので事務所に出かけていって予約はしたが、事前に情報を収集したのはやはりインターネットだ。その他、旅行社が提供しているHPによる現地情報はもちろん、これまでに同じ目的地に行った人のホームページも参考になった。

いままでも旅行者から旅のパーツのみを買い、企画や行動予定はすべて個人でやられた人もいるであろう。その場合の殆どはあまたある旅行書や旅行雑誌を参考にされたはずである。ホテルの予約も旅行社に頼むケースが多かったに違いない。これがインターネットの普及によって、自宅に居ながらにして膨大な情報を、しかも時間をかけずに得ることが出来るようになったのである。

インターネットが普及すると生活が一変すると言われているが、今回の旅の手配で実際に体験しその事実の一部が確認出来たような気がする。こんな便利なものを放っておく手はないというのが私の正直な感想である。少しパソコンに投資してこの便利な武器を大いに活用されることをお薦めする次第である。(ちなみに私はパソコンメーカーやインターネット事業の会社とは一切関係ありません!?)

P.S.
この記事を書いた1999年から、もはや18年が経過した。その間ネット環境は様変わりで、上記に書いた内容は既に陳腐になっている。インターネットの普及は様変わりの状況で、いまや、携帯電話はひとり一台、それもスマホが主体に切り替わっている。スマホなら、ネットで上記のような情報収集や予約ができるのである。時代錯誤の記事になりかねないが、当時の様子と自分の感じていたことの備忘録として敢えて掲載した。

 158 total views,  1 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です