◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
熊エプ メ-ルマガジン
KUMAGAZINE54号
2022-05-27(金)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
====MENU====
1.編集長の独り言
2.トピックス
「岩出雅之前帝京大ラグビー部監督」
3.私のふるさと
~和歌山県新宮市11
4.愛犬「孔子」の思い出 16
5.ぐうたらOL
 不動産オーナーへの道 17
6.編集後記
==========
https://kumano-express.com/kumagazine-54/

==========
1.編集長の独り言
==========
KUMAGAZINE54号をお届けします。
今週のトピックスは【岩出雅之前帝京大ラグビー部監督】です。
2022年5月、NHK「インタビューここから」で前帝京大学ラグビー部監督(現スポーツ局局長)の岩出雅之氏が紹介されました。岩出氏は、新宮高校出身で、大学ラグビー選手権で、チームを9連覇を含む10回の優勝に導いた指導者です。大変興味深い内容です。

「私のふるさと~新宮市」は第11弾「名誉市民 中上健次」です。

==========
2.トピックス
==========
【岩出雅之前監督】
2022年5月、NHK「インタビューここから」で前帝京大学ラグビー部監督(現スポーツ局局長)の岩出雅之氏が紹介されました。岩出氏は、新宮高校出身で、大学ラグビー選手権で、チームを9連覇を含む10回の優勝に導いた指導者です。
この番組は、NHKのアナウンサーが自ら企画し制作するインタビュー番組で、夢の実現へもがいていた場所や支えとなったふるさとなど、さまざまな分野の第一線で活躍する方の「原点」を訪ねて、仕事や人生の哲学についてインタビューを行うもの。

新宮高校での現役時代は選手としての活躍は殆どなかったが、唯一「タックルが上手い」と褒められたことが自信に繋がったという。

また、帝京大学では、昔からの体育会系タテ社会の慣習をガラっと替え、部室の掃除担当を下級生から上級生に切り替えた。

やはり他人のやらないことをやって大成功をおさめたことが語られた。新宮高校出身者として、誇らしく感じました。
https://www.nhk.jp/p/a-holiday/ts/M29X69KZ1G/episode/te/QWZ1ZLN2Y5/
==========
3.私のふるさと~和歌山県新宮市11
==========
【名誉市民 中上健次 】
新宮市では、市に対して功労のあった人、または広く社会の進展、学術文化の興隆に貢献しその功績が顕著である人(故人を含む)に対し、市民の敬愛の対象として顕彰しています。これまでに11人の方々が顕彰されています。

4.中上健次
1946年〈昭和21年〉8月2日?-?1992年〈平成4年〉8月12日)は、日本の小説家。妻は作家の紀和鏡、長女は作家の中上紀。

続きはこちら↓
https://kumano-express.com/furusato/furusato-meiyo4/

==========
4.愛犬「孔子」の思い出 16
==========
【フリスビー】
みなさんも、どこかのワンちゃんが上手にフリスビーを追っかけているシーンを見たことがあると思います。フリスビーは投げると、20M、30Mと随分遠くまで飛んでいきます。

飛んでいくフリスビーを一直線に追いかけたと思うと、タイミングを計ってジャンプししてパクっと加えるのです。不思議なのは、一度たりとも教えたこともないのに何故こんなことが出来るのかわかりません。

続きはこちら↓
https://kumano-express.com/coshy/16frisbee/

==========
5.ぐうたらOL不動産オーナーへの道 17
==========
【ぐうたらOL ついに指が震える】
やっと売買契約、銀行融資がおり、頭金を払う日がやってきました。昨今、不動産投資への融資は非常に厳しくなっており、頭金はかなり出さないといけませんでした。

ラッキーだったのは、会社の持ち株がかなり高騰しており、最高のタイミングで売却できたことです。それらを元手に頭金を払うため、銀行へ立ち寄りました。

続きはこちら↓
https://kumano-express.com/guutara/guutara17/

==========
6.編集後記
==========
「私のふるさと~和歌山県新宮市」では、第11弾として「名誉市民 中上健次」をお送りしました。今後も、「新宮市名誉市民」の記事が続く予定です。お楽しみに。

このシリーズは、筆者が管理しているウェブサイト「ハイムのひろば( https://heimnohiroba.com/ )」の企画に投稿したもので、同サイト及び「熊野エクスプレス」に連載されたものを紹介しています。

4年ほど前、近くに住むプロのカメラマンがある賞を受賞したことをきっかけにして、彼にお願いして講演会を企画しました。
撮りためた100枚を超える写真をスライドで見ながら一枚一枚について解説を聞いた参加者はみなプロの凄さを目の当たりにしました。
私はこの時に受けた感動を誰かに伝えたくてその中の一部を言葉で綴って残すことにしました。
今号より「プロカメラマンの秘密」と題してシリーズでその内容をお届けする予定です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
発行元:熊野エクスプレス事務局
発行責任者:”八咫烏”こと西 敏
yatagarasu@kumano-express.com
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ウェブサイト:熊野エクスプレス
https://kumano-express.com/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
LINEでの受信をご希望の方は
熊エプトップページで登録を!

 726 total views,  8 views today