◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
熊エプ メ-ルマガジン
KUMAGAZINE17号
2021-04-24
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
====MENU====
1.編集長の独り言
2.館長のつぶやき11
3.城を学ぶ9
4.森本剛史の世界紀行10
5.我がらの新宮弁講座10
6.編集後記.
==========
https://kumano-express.com/kumagazine-17

==========
1.編集長の独り言
==========
明日4月25日から5月11日までの17日間、東京、大阪、京都、兵庫の4都道府県で、3回目の非常事態宣言が出されることになりました。特に酒類を提供する飲食店や大型商業施設などへの休業要請で、ゴールデンウィークをはさんでの人の流れを押さえようという意図のようです。

この間、外出を規制される国民は行動範囲を制限される中でどのようにして暮らしを充実させればよいのか悩ましいことです。外でお酒が飲めないのなら最近言われ始めたリモート飲み会しかないのか、祖父母と孫たちも会えぬなら、これもスマホ利用のテレビ電話しかないのか。

結局はネットを利用したことしかできないのか実に不満の残ることになりそうですが、この異常事態を乗り越えなければ普通の生活が戻ってこないことは確かですから、お互いに協力し合って何とか乗り越えたいものです。

==========
2.館長のつぶやき11
==========
【「佐藤春夫の少年時代」(11)】
・父の医学修業と新宮での開院(2)
順天堂医事研究会は、明治18年から起こり毎月2回の集会を持ったといいますが、明治20年1月には「順天堂医事研究会報告」第1号が出ていますから、豊太郎は明治25年末か26年初めに上京して発表を行ったのでしょう。明治30年に野口英世が順天堂に職を奉じてこの雑誌の編集に当たったということです(「順天堂の歴史」小川鼎三・順天堂創立125周年記念講演「順天堂医学雑誌」)。

続きはこちら↓
https://kumano-express.com/culture-history-walk/sato-haruo/kancho-haruo-11/

==========
3.城を学ぶ9
==========
【新宮城跡散策マップ①~二ノ丸の算木積み】
新宮市観光協会、新宮市商工観光課では「国史跡 新宮城跡」というパンフレットを制作・配布しています。その中に、「新宮城散策マップ」というものがあり、これを見ながらお城を散策するとわかりやすくてお勧めです。

忙しくてゆっくり散歩する時間がないという方のために、このマップの内容を掲載しWeb上で散歩を楽しんでいただけるよう合計16ポイントについて紹介していきます。どうぞお楽しみください。

続きはこちら↓
https://kumano-express.com/shingu-jo/map-1/

==========
4.森本剛史の世界紀行10
==========
【土着の香り、南イタリア紀行】
■アッピア街道周辺に点在する~実にユニークで魅力的な小都市■
「すべての道はローマに通ず」という言葉があるが、ローマ帝国時代、ローマを起点にイタリア国内はもとより近隣の国まで軍用道路が張り巡らされた。

このアッピア街道もそのひとつ。紀元前312年、執政官であったアッピウス・クラウディウスによって建造されたので、この名が付いた。このローマ最古の軍用道路は、ローマからイタリアの南部を横断し、半島東南端のブリンディシまで伸びることとなった。全長は約540キロもある。

続きはこちら↓
https://kumano-express.com/morimoto-takeshi/morimoto-south-italy/

==========
5.我がらの新宮弁講座10
==========
【ディープな熊野言葉 2】
【まいしょうら】おしまいにしましょう。やめておこうの意味。
【まいかっていく】モノなどが神隠しに遭ったように行方不明になること

熊エプ読者の方から質問を受けました。「『まいしょうら』と『まいかっていく』いうて、知ったぁるかい?」
「まいしょうら」はすぐわかりましたが、「まいかっていく」はまるで解読できませんでした。

続きはこちら↓
https://kumano-express.com/shinguben-koza/shinguben-deep-kumanokotoba2/

==========
6.編集後記
==========
熊エプのメルマガ KUMAGAZINE第17号(2021-0424)をお届けします。

4月も下旬となり桜前線は現在東北地方あたりまで北上しました。まだ、北海道が残っていますが、初めての「全国の桜だより」企画はまもなく終了の予定となります。皆様から多くの写真や記事が寄せられ大変盛り上がりましたことスタッフ一同大変喜んでおります。今回、人は花が大好きなのだということがよくわかりました。そして、花を愛でる気持ちは人の心をとても豊かにすることも改めて痛感しました。

桜の次にみなさんの心を捉えるのはツツジでしょうか?それともアジサイでしょうか?花々は1年を通じて次々と、それぞれの美しい姿を見せてくれます

「桜だより」の後継企画として、「花だより」を始めました。何の花でも結構です。今後とも、あなたの目に留まった花々の写真にひと言添えて投稿していただければ幸いです。記事投稿の際はカテゴリーは「花だより」を選んでください。また、サイドバーに「花だより」専用のバナーを設けますので、ご友人、知人にもそちらから参加いただけます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
発行元:熊野エクスプレス事務局
発行責任者:”八咫烏”こと西 敏
yatagarasu@kumano-express.com
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ウェブサイト:熊野エクスプレス
https://kumano-express.com/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
LINEでの受信をご希望の方は
熊エプトップページで登録を!

 87 total views,  7 views today