こうちゃんの想い出 9~しつけ(1)アイコンタクト

最近、孔ちゃんのことでとてもうれしいことがあります。それは、1週間くらい前からアイコンタクトができるようになったからです。

12月から1月にかけて「しつけ教室」に行ったとき、先生から「アイコンタクト」が大事と教えていただきました。 孔 ちゃんの場合は、散歩の時などには、よく横目で顔を見てアイコンタクトはできているつもりでした。

でも唯一、食事の時は、一心不乱に食べ物をの顔を見ることはありませんでた。犬全般的に言えることとして「食べることに関しては非常に貪欲であること、それは犬が人間と暮らし始めるようになる前の狼時代の本能からくる」ということが本に書いてありました。家で十分に食べ物を与えているにもかかわらず外で落ちている物を見ると食べようとするのは、食べられる時に食べておくという野生の本能なのです。簡単ではありませんが、それもしつけによって治すことができるようです。

飼い主であるこちらも勉強して、マテを繰り返しているうちにようやく、こちらの顔を見てから食事するようになりました。そうなるまでにそれほど長くはかかりませんでした。家に来てまもなく4ヶ月になりますが、もう「誰かに食事を取られるという恐れがなくなり、信頼するようになった」のかな と思ったりしています。

さらに、私たち家族は毎日こうちゃんに話しかけていると言いましたが、声を変えた時に、こちらをじっと見つめるようになりました。言葉は話せなくても、何を言っているのかと考えているように思えて何だかうれしくなります。

このように頭がよく、意思疎通とまではいかなくともある程度聞き分けられるのはこの犬種の特徴かもしれません。みなさんのところではいかがでしょうか?

 935 total views,  8 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)