今日の散歩道  スノーフレーク(和名:鈴蘭水仙/大松雪草) 220410

スノーフレーク(和名 鈴蘭水仙 又は 大松雪草)

日課となっている買い物を兼ねての散歩の途上で、春の使者と言われるヨーロッパ中南部原産,ヒガンバナ科のこの花を花壇の日陰でみつけました。

白い花のピュア―な印象から来てるのか、花言葉は「純粋」「汚れなき心」との事ですが、有毒植物で葉っぱがニラに似ている為に、毎年間違って食べての中毒事件が発生しています。

今日も強い陽射しが差し込み気温は上昇で、午後は夏日となる可能性があるようで、行きかう人々の中には半袖の人も混じっていました。

ソメイヨシノは早くも葉桜と成って仕舞い、もう少し春の余韻をユックリ楽しみたかったのですが・・・・

急激な気温上昇には、まだ体も馴染んでおらず、何となく気だるさを感じる日々です、この気温変化には植物の世界もだいぶ戸惑っている事でしょう。

山仲春男

詳細はこちら→ハイム花の図鑑「スノーフレーク」

 1,027 total views,  1 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)