ごあいさつ~大阪支局 ソフィア

謹賀新年!

伝統ある「熊野エクスプレス」再創設・ご公開おめでとうございます。

ウェブサイト「ゆきちくらぶ」も、2021,1月より正式公開致すことになりました。
このサイトは慶應塾員有志による「諭吉倶楽部」が、1月より10年目に突入することを知られた西敏さんの、発案・企画・構成等制作まで全て無料奉仕で実現されたサイトです。

それはまるで八咫烏さんと私が、新宮と神武天皇を案内して到達したところの出身(奈良県桜井市鳥見山近辺)、との因縁に導かれたような感もありました。

そこでは「会員専用資料室」「アーカイブ作品」の展示・公開はもとより、発行した会報の投稿文を誰にでも分かりやすく親しみやすいように、2匹の天使となったニャンコ達(チルちゃんとクーちゃん)が案内する、という手法での発表というコーナーも作っています。

また、単なる文章の羅列だけでは、聞きなれない専門用語に難解!と判断される恐れもあるため、投稿掲載文は一文字も変更することなく、心温まる「写真絵本」のような体裁をとることも致しております。

きれいな写真と、かわいいチルちゃんと子ネコのクーちゃんによる面白い会話の「写真絵本」。「熊エプ」でも掲載頂ける様でしたら、皆様どうぞお楽しみください。

それから、大阪の情報は支局長様におまかせして、私が伝えられる情報は・・・トホホ、何もないのです。足腰が痛くて動くのもいやと病院へも行かないし(コロナも口実のひとつ)、買い物は全て宅配。家の前に置いてあるレンタルカートも置いてあれば安心なだけで、それを使って散歩もしない。
でも、よく考えたらそういう経験は私の強力な強み・情報でもあるはずです。

大阪に於ける介護支援状況をお伝えすれば、情報を届けながら健康というものを考える契機にもなると思います。

ついでに、最近はやめましたが、今までハーブや薬草の栽培と利用を楽しんできました。(40年間)
その話などもできましたら、大喜びで最優先で投稿させて頂くと思います。

最後に、簡単な自己紹介をとのことですが、簡単にすればさっぱり分からない!との仰せに、やはり多少長くても分かり易く・・・
「ゆきちくらぶ」より転載させて頂きました。
_______________________________

管理人プロフィール

   杉本知瑛子(智恵子)

H.9、慶應義塾大学文学部美学科(音楽)卒業。
S.50、大阪芸術大学演奏科(声楽)卒業。

中川牧三(日本イタリア協会会長、関西日本イタリア音楽協会会長、
イタリア政府より外国人としては初めての最高位の勲章『連帯の星』
グランデ・ウフィチャーレ勲章を授与される。:イタリア政府から氏への3つ目の勲章)。

森敏孝(東京二期会所属テノール歌手、武蔵野音大勤務)、
五十嵐喜芳(大芸大教授:イタリアオペラ担当)、
大橋国一(大芸大教授:ドイツリート担当・日本人初のヨーロッパ歌劇場~ケルン歌劇場~専属歌手)。
武井博子(大芸大教授:ピアノ)。以上の各氏に師事。

S.50、NHK洋楽オーデイション(声楽)合格。
マニン宮殿(イタリア)にて「マリオ・デル・モナコ特別講座」受講、ディプロマを受ける。

マエストロ・ファヴァレット(イタリア歌曲の世界的指導者)、
マリオ・デル・モナコ、ジュリエッタ・シミオナート等20世紀を代表するオペラ歌手からの指導を受ける。

NHK(FM)放送「夕べのリサイタル」、
「マニン宮殿 オペラコンサート」(於:イタリア)、
「カサグランデ教授のピアノ伴奏による「オペラの夕べ」、
「マリオ・デル・モナコ追悼演奏会」、
   他多くのコンサートに出演。

S.46「杉本音楽研究会」(カワイ楽器後援)設立。
(現「杉本知瑛子ピアノ・声楽研究所」)

S.50より声楽家として活動開始。
(2010「諭吉倶楽部」創設)現在:「諭吉倶楽部」会報編集責任者。

ソフィアこと杉本知瑛子

 176 total views,  1 views today

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です