熊エプ復刊にあたって~熊野支局長 城和生

熊野から、何を発信するか。
老若男女、貴賎の差を問わず、ありとあらゆる生命を迎え入れて寿ぐ熊野といたしましては、やはり自然を大切にするということを発信すべきなんでしょうね。

①熊野川からダムをなくしましょう。
日本有数の降雨量を誇る熊野三千六百峰は、幾千年に亘って熊野の大地を磨き上げて来ました。どの川をみても世界に誇れる大清流です。それは熊野の神々のご意思でもあるのでしょう。
その天下の清流が、ダムによって濁った川になってしまいました。
これを、元の清流に戻しましょう。

②分断された熊野をひとつに。
わずか百数十年前の廃藩置県によって、熊野は三重と和歌山に分断されてしまいました。
同じ方言をしゃべり、同じサンマ寿司とめはり寿司を食べ、習俗文化を同じくする民が「よその県」に分断されてしまいました。日本で一番おかしい県境です。
東西南北牟婁郡と十津川村・下北山村・上北山村を合わせて「熊野県」を誕生させましょう。
③方言を大切にしましょう。

北から南まで、日本各地の方言は、地域の文化遺産です。
東京弁や大阪弁に集約されていくことは、大きな文化的損失です。
NHKの地方局は、地域のニュースは各地の方言でやることにいたしましょう。
以上、熊野支局より発信いたします。

 1,095 total views,  5 views today

熊エプ復刊にあたって~熊野支局長 城和生” に対して3件のコメントがあります。

  1. 田中和子 より:

    熊野支局長 城さん
    方言を大切にしましょう、おおいに賛成です。
    新宮を離れて50年近く、今だに耳に馴染んでホッとする言葉です。
    帰郷すると自然に出てきます。
    NHKのニュースを方言で喋ったらという意見、楽しいでしょうねぇ。

  2. 城和生 より:

    田中さん、コメントありがとうございます。
    その方言でないと言い表しにくい、微妙なニュアンスがありますよね。
    それを大事にしたいと思います。
    実はNHK和歌山が、とあるコーナーで取材に来たた時に、この思いを伝えたら、その通りに放送してくれて、NHKを見直したことがあります。
    てっきりボツにされると思ってましたので、NHKに拍手を送りました(^^)

  3. 田中和子 より:

    へえ~
    あのNHKがやってくれたんですね。
    見直すなあ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)